スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
仙台でのコンテスト開催
 今年を振り返った時、一つの収穫は4月に仙台でスピーチコンテストを開催できたことでした。

震災が発生した年は東北地区のエリアガバナーを担当していたこともあり、仙台TMCにも何度か通いました。震災直後の2か月間は活動も停止状態で、5月の再開時にクラブ訪問をした際には、被災された方の生のスピーチもお聞きしました。その時、トーストマスターズとして何かできることはないかと考えました。それがコンテストの開催でした。

この年は、日本の全国大会も震災の影響で東京から京都に変更になったりと、東北方面は敬遠されがちな雰囲気がありました。確かにイベントの開催にはまだ不向きだったかも知れません。ただ、そんな状況だからこそ、足を運ぶ機会を設けたいとも思いました。

トーストマスターズの年度の切り替わりで、エリアガバナーからディビジョンガバナーへと役職が変更になりました。東日本の半分くらいを統括する役割となり、任期後半の4月のディビジョンスピーチコンテストはぜひ仙台で開催したいと思い、目標に掲げました。そのため運営クラブとなる仙台TMCのみなさんとの協議を重ね、このコンテストに参加することになる各クラブの役員の方々にも趣旨をご理解頂き、4月の開催の時を迎えた時は一つの達成感がありました。

数年後、復興が進んだらまたこのようなイベント開催したいものです。
| エリア13被災地クラブ支援 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
トーストマスターズ DTM
先日ある方から、「トーストマスターズ DTM」と入力して検索したら、このブログがトップに出ました、ということをお聞きしました。

さっそく試したところ、今回はトップから3番目でした。いつのまにかこんなに上位に来るようになっていたとは軽い驚きです。ここのところ更新が途絶えがちになっておりますが、役員を2年も継続していると事務的なことに追われて、長文で日々のエッセイのような書き込みをする気持ちの余裕がなかなか持てません。

本日はある例会で「雪解け」という題でスピーチをしました。ブログ更新も冬の季節を終えて雪解けにしたいものです。
| 今夜のちょっといい話 | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
被災者のスピーチ
3月11日以降のスピーチには、震災に関連したものが数多くあります。

エリア13の国際スピーチコンテストは、最終的に4月3日に浦和でエリア12と合同で行うことになりました。被災地の一つである仙台からは2名の方が出場されることになりましたが、新幹線が止まっていたり、東北道の利用に制限がある状況下では、交通手段を確保するのは容易ではなく、私の方で高速バスの手配等も行いました。しかし高速バスも会場近辺まで通じているものがなく、ある方の場合は高崎の方までお迎えに行ったりもしました。

そこまでしてコンテストに出場されて披露されたスピーチは、被災された方でしか表せない臨場感、絶望感に満ちていました。お仕事柄、被災した瞬間に立ち会われた方が我々に伝えられたお話の内容には、ただ無念さがあるのみでした。

被災地から限られた交通手段でやって来て、それでもそんな状況下だからこそ、コンテストに参加して前向きでいたい、そんな気持ちを感じさせられました。

| エリア13被災地クラブ支援 | 03:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
3月11日以降
 3月11日に発生した地震、津波による震災、そして原発の事故。この日を境にトーストマスターズの活動も一変しました。

エリア13ガバナーとしての任期は6月で満了しましたが、3月11日以降の展開は目まぐるしく、予想もしない方向へと進んで行きました。流行の言葉で言うなら「想定外」というところでしょうか。私が担当していたエリア13は特に被災地東北を含んでおりましたので、被災地のクラブである仙台や気仙沼といったクラブの会員の方々の中には直接被害を被った方も多く、クラブも約2ヶ月間例会を開けないという状況でした。エリアガバナーとして、ちょうどクラブ訪問やコンテストの開催等に関わっていた時期でしたので、日程の変更等も余儀なくされました。

震災発生後、最初の数日間は自分の身の回りのことを案じることで精一杯でしたが、その一方で被災地クラブのみなさんの安否情報の確認にも時間を費やしました。当初携帯電話等が繋がらないといったトラブルがあったことは周知の事実ですが、色々な方々の協力で情報が入りだすと、安否が確認できてほっとしたりもしました。

また震災の翌々日に宇都宮で開催予定だったエリアコンテストは、会場の被災や被災地クラブの状況が掴めないこともあり、2度の延期を余儀なくされました。この間、エリア内でコンテストを中止するか延期するかで意見が分かれましたが、被災地クラブの方々からコンテストを開催するのなら是非出たいという声が上がりましたので、その対応にも追われました。

| エリア13被災地クラブ支援 | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
17年目の決断

TM活動も今年で17年経過しましたが、17年目を迎えた今期、ある決断をしました。

それは所属クラブを1つにしたことです。最初の入会時はもちろん1つのクラブにしか所属しておりませんが、2つ目、3つ目と入会を重ねて、気がつけば延べ参加クラブ数は15クラブ、同時期最多参加クラブ数は10クラブを数えていました。我ながら良く参加したものだと思いますが、TM活動17年ということは、私もそれだけの歳月を生きた、ということです。今、人生の円熟期を迎えて、少し自分の生き方を見つめ直す時期が訪れた様に感じます。ただ、これまで参加していた10クラブを1クラブに減らすというのは、急激なダイエットをするようなもので、自分としてはかなり大鉈を振るうことになりました。気持ちの整理もつける必要があります。

というわけで、現在正規の所属は宇都宮クラブのみとなりました。かなりスリムになり、フットワークも軽くなりました。その分、設立中のクラブの応援などには相変わらず出掛けていますので、活動時間はあまり変わらないような所もあります。しかし今はこのひとときを大事にしたいですね。

| 今夜のちょっといい話 | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
17年目の初体験
今年でトーストマスターズ歴も17年となりましたが、まだまだ未経験、未体験の事があります。

少し前の話ですが、あるクラブの例会で視覚に不自由のある方がスピーチをされていました。トーストマスターズクラブにはスピーチのできる方であれば、目の見えない方でも参加することができます。しかしその時、時間の合図はどの様に行なうのでしょうか。コンテストのルールでは、その様な方には通常の視覚物による時間表示以外の、音などによる合図をすることができる、と定められています。先の例会の時は時間の経過を、「赤です」等の様に計時係が今示している時間表示板の色を声で伝えられていました。

これは17年のTM活動の中で、私がまだ経験したことのないことでしたので、少し感銘を覚えました。ちなみにトーストマスターズの過去の国際大会のスピーチコンテストでは、目の見えない方が優勝されたこともあります。
| 今夜のちょっといい話 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
気仙沼クラブ訪問
気仙沼トーストマスターズクラブを訪問しました。

気仙沼クラブは宮城県気仙沼市で、毎月第2、4木曜夜に英語の例会を行っています。最寄駅はJR松岩駅ですが、会員のみなさんは車で来られています。大都市圏とは異なり、地方の都市では車での移動は必須です。エリア13のクラブは、仙台を除いてどのクラブも車で来られる方がほとんどです。ですから会場が駅から離れていてもあまり問題ではありません。

気仙沼クラブは地元に住んでいた外国人の方が立ち上げられました。三陸海岸の小都市のクラブとしての独自性が感じられます。首都圏からの訪問では、新幹線と高速バスを乗り継いで行きますので、簡単には行けませんが、市の中心地は大型の商業施設もあり、賑わっていました。例会は少人数で和気合いあいと、茶菓子をつまみながら行われていました。


| エリア13みちのく紀行 | 15:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
上尾クラブ訪問
上尾トーストマスターズクラブを訪問しました。

上尾クラブは埼玉県上尾市で、毎月第4土曜に日本語と英語で例会を行っています。最寄駅はJR上尾駅で、駅からバスで会場に向かいます。少し前までは月2回、日本語例会と英語例会に分かれていましたが、参加者の減少に伴い月1回に変更したとのことです。会員数の増減はどのクラブにも起こりうることですので、過去のやり方に固執することなく、その時のクラブの状態に合わせた運営を心掛けることが、長続きするこつとも言えるでしょう。

訪問時にはゲストの方の入会表明がありました。入会表明があるということは、クラブの雰囲気が良好に保たれている証左でもあります。北関東の拠点クラブの老舗として、今後も地域に根を張った活動を続けて頂けると思います。


| エリア13みちのく紀行 | 12:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
仙台クラブ訪問

仙台トーストマスターズクラブを訪問しました。

仙台クラブは宮城県仙台市で、毎週水曜夜に英語で例会を行っています。最寄駅はJR仙台駅で、駅から徒歩3分程度という好立地条件に会場があります。数少ない東北のクラブの中で、会員数50名以上を擁し、毎週例会を行っているという活発なクラブです。ちなみに日本国内で毎週例会を行っているのは仙台クラブだけで、それがしかも東北のクラブであることで異色の存在です。

訪問時はゲストも含めて30名近くの参加者がありました。スピーチは2名でしたが、テーブルトピックスには10名以上が指名され、全員がスピーチに参加できる様に配慮されていました。宮城県内唯一のクラブということで、仙台周辺の市町村から参加されている方もいます。また、仙台市内には大学も多いことから学生や外国人、大学職員の方が多いのが特徴です。訪問時は女性の参加者が目につきました。

人数が多いので、2次会は居酒屋組、喫茶店組に分かれています。

| エリア13みちのく紀行 | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
宇都宮クラブ訪問
宇都宮トーストマスターズクラブを訪問しました。

宇都宮クラブは栃木県宇都宮市で、毎月最終日曜の午後に日本語と英語で例会を行っています。最寄駅はJR宇都宮駅で、ここから歩いて15分ほどで例会場に着きます。以前はバスもありましたが、利用者が少ないので廃止されてしまいました。

宇都宮クラブはホームクラブなのでクラブ訪問というほどのこともないのですが、今期年2回はエリアガバナーとしての参加を動機づけています。今回は英国人会員の方がコンピテントコミュニケーションマニュアルの10番目のスピーチを修了し、帰国に合わせて退会されるということで、特別な雰囲気がありました。会員数は少ないものの、会員の高いモチベーションで北関東の拠点クラブとしての存在感を保っています。

例会後は近くの中華料理店に場所を移して送別会を行いました。

| エリア13みちのく紀行 | 11:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH