<< 生き方に合わせたスピーチ | main | その時、目線はどこへ... >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
今宵、ラジオで語ること
ひょんなことから、今宵ラジオでトーストマスターズについて語ることになりました。

トーストマスターズの上級プログラムの1つに「広報宣伝活動」というマニュアルがあります。これは会社や組織で広報活動をする場合、どのように内容を伝えるかを学ぶものですが、その中に「ラジオトークショー」という、そのものズバリの課題が設定されています。これは例会を模擬的なラジオのスタジオに見立て、パーソナリティー役の人を相手にトークショーを展開するというもので、自分が現実にラジオ番組に出演することを想定して行います。この課題のポイントは聴衆はラジオの向こう側にいるので、声だけで内容を伝えるということです。例会で模擬的に行うので、聴衆に目線を合わせたりすることはできません。

実は私はこの課題でスピーチをしたことはなく、例会でリハーサルする前にいきなり本番に挑むことになりました。私が出演するのはラジオ日本の「ラジオわたしの物語」という、毎週火曜日夜11時15分から放送されている番組です。毎回色々な世界で活躍されている方をゲストに招いてお話を伺うという企画で、女性のパーソナリティの方の質問に答える形で番組が進行します。

今回どのような経緯でこの話が私のところへ来たのかと言えば、あるトーストマスターズの方と知り合った際に、その方が主催している別の会に誘われて参加したところ、そこで名刺交換をした方が以前この番組に出演されていて、この番組のプロデューサーに私の事を紹介したとのことでした。プロデューサーの方から突然電話があって、紹介者の方のお名前を伺った時は正直驚きましたが、これも日頃のコミュニケーションの賜物でしょうか。このような番組の中で私が自分のことを語るとしたら、それはもうトーストマスターズ以外には考えられず、自分なりの解釈でトーストマスターズのことを紹介したつもりです。

色々な方と交流することは本当に大事だな、と思いました。


| 広報活動 | 12:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:55 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tmoe.jugem.jp/trackback/8
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH