<< できるコミュニケーション | main | 今宵、ラジオで語ること >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
生き方に合わせたスピーチ
基本を学んだら、コミュニケーションについての学びをさらに一歩進めたいと思いませんか。

コミュニケーションの基礎プログラムであるコンピテントコミュニケーションを修了すると、国際本部から「コンピテントコミュニケーター(Competent Communicator)」(略称CC)として表彰されます。トーストマスターズではプログラムを段階的に修了することにより、それぞれの段階で表彰を受けることになりますが、CCを受賞された方のために用意されているのが、「アドバンストコミュニケーション(Advanced Communication)」のマニュアル類です。「アドバンスト(advanced)」には「進歩した」、「上級の」という意味があります。つまり「上級のコミュニケーション」を学ぶためのプログラムです。

この上級のコミュニケーションを学ぶためのマニュアルは全部で15冊あり、1つのマニュアルに5つの課題が設定されています。どんなマニュアルがあるかといえば、例えば情報を伝えるスピーチ、テレビでのコミュニケーション、プロのスピーチといった本格的なものから、朗読、語り手、ユーモアスピーチといった個人的な嗜みとしてのスピーチまで、よくこれだけ分類したものだな、と思えるほど細分化されています。

自分は上級のコミュニケーターとしてプロの話し手を目指すのか、それとも趣味や教養としてのスピーチ術を身につけたいのか、個人の生き方に合わせたプログラムを選べるようにできているのが、上級プログラムの魅力です。私の場合はあくまでも趣味としてのスピーチですが、色々な人との関わりの中で大勢の方の前で話す機会も増えてきました。そんな時、この上級プログラムで異なる状況下での話し方を学んだことがとても役に立っています。
| コミュニケーション | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:31 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tmoe.jugem.jp/trackback/7
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH