<< 逆ピラミッドの理念 | main | 生き方に合わせたスピーチ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
できるコミュニケーション
「コミュニケーション」と「リーダーシップ」。この2つがトーストマスターズで学ぶことの基本的な柱です。

トーストマスターズに入会すると新会員キットという、マニュアル類が入った封筒を渡されますが、この中に「コンピテントコミュニケーション」(Competent Communication)と「コンピテントリーダーシップ」(Competent Leadership)という2つのマニュアルが入っています。「コンピテント」(competent)には「有能な」、「十分に能力のある」等の意味があります。平たく言えば「できるコミュニケーション」、「できるリーダーシップ」といったところでしょうか。それぞれに10個の課題が設定されており、例会での役割を通して、論評を受けながらコミュニケーションとリーダーシップについての理解を深めることができます。

今回は「コンピテントコミュニケーション」について少しお話します。これはアイスブレイカーから始まる10個の課題を通して、人前で話すことの基本的な要素を学ぶプログラムです。例会で最初のスピーチ、アイスブレイカーを終えると、スピーチの構成、表現方法、声の使い方等を学ぶ課題が続き、最後に聞き手を触発し、奮い立たせるスピーチを持って基礎講座修了という流れになっています。10個の課題を修了するまでの期間は、早い方なら数週間、時間をかけてじっくり取り組まれている方なら数年間に及ぶこともあります。

私は複数のクラブに在籍しているので、この基本プログラムは今までに何度も行いましたが、何度も行うことで理解を深めることができました。この基本プログラムだけでもかなり有益ですが、それだけで終わらないのが深遠なるスピーチの世界、トーストマスターズの奥の深いところです。
| コミュニケーション | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:07 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tmoe.jugem.jp/trackback/6
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH