<< DTMへの最後の関門〜ハイパフォーマンスリーダーシップ | main | 日本語クラブの聖地 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
DTMへのステップ〜スピーチの本数
DTMを受賞するためには何本のスピーチをすれば良いのでしょうか。

答えは40本です。CC(コンピテントコミュニケーター)マニュアルのスピーチが10本、AC(アドバンストコミュニケーター)マニュアルのスピーチが30本です。ここではその他の表彰条件であるプレゼン、ワークショップ系マニュアルのスピーチは除外しています。

ACマニュアルは全部で15冊あり、1冊ごとに5つのスピーチの課題が設定されています。従って、30本のACマニュアルのスピーチをこなすためには、この15冊から6冊のマニュアルを選べば良い事になります。全てのスピーチ課題をやってみたいというなら、1冊ごとにマニュアルを買うのではなく、15冊セットで購入されることをお勧めします。15冊セットで購入すると割引されるからです。

私の場合、昨年15冊全てのマニュアルを完了させました。ACマニュアルを始めてから約12年になります。最近はクラブ数も増えたので、あちこちのクラブに所属していればもっと短期間で全スピーチ75本を完了することができるでしょう。もっとも15冊完了したことを表彰する制度はありませんが。15冊の中には自分のスピーチの方向性には必ずしもそぐわないものもありますので、マニュアルを終えた方にアドバイスを求めるのも良いかも知れません。
| スピーチ | 19:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:19 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tmoe.jugem.jp/trackback/45
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH