<< DTMを2回受賞するということ | main | DTMへのステップ〜スピーチの本数 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
DTMへの最後の関門〜ハイパフォーマンスリーダーシップ
DTMを受賞するためには、最後の関門を通り抜ける必要があります。

DTM受賞の要件は、コミュニケーション課程でACG(Advanced Communicator Gold)、リーダーシップ課程でALS(Advanced Leadership Silver)を受賞することで、この2つが揃ったところで受賞のための申請を行います。このALSの受賞要件の一つに、「ハイパフォーマンスリーダーシッププログラム(High Performance Leadership Program)」を修了済みであること、というものがあります。

ハイパフォーマンスリーダーシッププログラムとは、文字通り「高い任務遂行力」によるリーダーシップを発揮してプロジェクトをなし遂げるプログラムのことで、トーストマスターズでの学びの集大成のようなプログラムになっています。このプログラムでは、まずリーダーがあるプロジェクトを設定し、そのプロジェクトを成し遂げるためのプロジェクトチームを編成します。と同時にプロジェクトチームのメンバーとは別に、トーストマスターのメンバーからなるガイダンス委員会を編成し、委員会のメンバーからそのプロジェクトに対する評価や助言を受けます。

プログラムには5つの課題が設定されており、その各課題ごとにリーダーはガイダンス委員会を招集し、各委員から論評を受けて課題を達成し、プロジェクトを進行させます。またこの5つの課題の2番目でプロジェクトの目標を説明し、5番目で結果を報告するスピーチを所属クラブで行うことになっています。これは通常のスピーチと同じように論評を受け、プロジェクトの達成と共にプログラムを修了することで、受賞資格を得ることができます。

設定するプロジェクトは、新クラブ設立やコンテスト運営などのトーストマスターズに関するものでも良いし、会社や地域社会での活動でも良いことになっています。期間的には短期間でも長期間でも、ご自分が行う内容に合わせて行うことができます。私の場合、DTMを2回受賞していますので、ハイパフォーマンスリーダーシッププログラムも当然2回行いましたが、1回目は地域社会での取り組み、2回目はトーストマスターズの活動の中でプロジェクトを設定しました。ガイダンス委員会は、クラブ内の方でも良いし、経験のある会員の方にお願いするのも良いでしょう。私は1回目は経験のある方、2回目はクラブ会員の方にお願いしました。

プロジェクトの設定やガイダンス委員会の招集など、準備が大変ですが、リーダーシップの学びを実践するプログラムとして、とても有益だと思います。

| リーダーシップ | 13:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 13:02 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tmoe.jugem.jp/trackback/44
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH