<< 本場のTMって、どうなってるの!? | main | DTMへの最後の関門〜ハイパフォーマンスリーダーシップ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
DTMを2回受賞するということ
DTM、って何の略称だと思いますか。

DTMとは、 "Distinguished Toastmaster"の略で、「卓越したトーストマスター」を意味します。トーストマスターズの教育プログラムでは、スピーチやリーダーシップの進度に従って、何段階かの表彰制度がありますが、DTMはその最高位の表彰になります。このDTMを受賞するためには、コミュニケーション課程でマニュアルの課題スピーチを40本、及びセミナー形式のプログラムを数本こなし、さらにリーダーシップ課程で所定の役割やクラブ、ディストリクトの役員、新設クラブの支援者等の役割をこなす必要があります。役員経験が必要なので、受賞するには早い人で最低3年はかかるでしょう。

私は最初の受賞が入会15年目、2回目の受賞がそれから1年と2ヶ月目でした。最初の受賞に何故そんなに時間が掛かったといえば、DTMの受賞に興味がなかったからです。私が入会した頃は、日本ではDTM受賞者はたった一人しかいませんでした。それが15年も立つと周りにDTMを受賞する方がちらほらと出始めたので、私も一つの区切りとして受賞の申請をしました。本国アメリカではDTM受賞者は数多く、一つのステイタスになっているようです。

2回目の受賞については、まず2回目の受賞に必要なスピーチの本数や役割の数をこなしていたので、申請にそう時間が掛からないこと、DTMを受賞するまでの各段階での表彰がクラブの年間表彰システムのポイントになること、などを考慮して1年以内での受賞を目標にしました。ポイントカードのポイントが貯まっていたので、それを使ったような感じです。

DTMを受賞すると、木製の盾が本部から送られてきます。私はそれを2個持っているわけです。重みも少しあるので、1個あれば十分ですが、盾を見るとこれを得るためにここまでやってきたのか、という感慨も沸いてきます。
| トーストマスターズ全般 | 00:37 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:37 | - | - | pookmark |
コメント
DTM2回とはすごい。
例会には2つのDTMバッジをつけて参加されるのですね。
| YAKO | 2009/10/01 9:47 AM |
こんばんはー。
9/29に池袋でアイスブレーカーをしたりゑぞをです。
お世話になっています。

DTMの盾を一度に2個も見られるのは、とても貴重な体験だったの
ですね。すごい方だなーと思いつつ、2回目に出された盾が上下
逆さまだったのは、実は狙いだと思っていました(^^;

「輝きをなくしたら、また取り戻せばいい」という力強いお言葉に
感動しました!
ここで分かりやすくトーストマスターのことを書いて下さっていて
勉強が出来るのが嬉しい限りです。
ではまた来ます。
| りゑぞを | 2009/10/06 11:42 PM |
YAKOさま、コメントありがとうございます。私はバッジ類には興味がないので、例会には何も付けていません。DTMにも2種類の人がいるということですね。名を取るか、実を取るか(笑)。
| h2o | 2009/11/19 3:08 PM |
りゑぞをさま、コメントありがとうございます。そうでしたか、盾が逆さま、気が付きませんでした。気持ちが下向きになっている証拠ですね(笑)。三度輝くために、新しい方の光を浴びさせて下さい。
| h2o | 2009/11/19 3:13 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tmoe.jugem.jp/trackback/43
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH