<< バイリンガリズム | main | 秋季大会の季節 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
会費は廻る〜TM財政事情
私たちが毎月払っている会費はどのような使われ方をしているのでしょうか。

トーストマスターズにおける昨年度、2007−2008年度、私はディストリクト76(日本支部)の会計をしておりました。先日その年度末決算報告書を国際本部に提出し、肩の荷が少し下りたところです。少し、というのは、まだ11月の全国大会で承認を得る必要があるためです。支部レベルの会計となると、国際本部とも英語でお金に関するやり取りをするので相当神経を使います。財務に関するガイドライン等の資料も当然英語ですから、お金の計算もさることながら、まずこれらの規定を熟知している必要があります。

さて、TMの会員になると毎月4.5ドルの会費を国際本部に納めるということは前にも述べましたが、その様にして各クラブから集められたお金は、国際本部の資産として一元管理され、その資産の一部が各国支部に還流されるシステムになっています。これは大体納められた会費の何分の一かの比率になっています。TMは非営利団体ですから、運営は当然会費収入で賄われます。その会費の一部が各国支部の予算となるわけですから、予算額がいくらになるかは会員数によって変わってきます。会員募集コンテストなどがシステム化され、盛んに奨励されているのはこのためです。

したがって支部レベルの会計になると、毎月どのクラブに何人の入会者があって、いくらの会費収入があったのかが国際本部から報告されるので、お金の流れで各クラブの動向を掌握することができます。会計になって最もメリットがあるのは恐らくこの部分でしょう。お金の管理は何かと大変ですが、自分が組織の屋台骨を支えていることもまた実感できます。
| トーストマスターズ全般 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 13:00 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tmoe.jugem.jp/trackback/29
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH