<< さらなる大舞台・世界大会への道 | main | 教壇から生徒諸君に捧げるスピーチ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
もう一つの道・外部派遣で腕試し
コンテストへ出場する以外に、日頃の成果を試してみる機会はあるのでしょうか。

トーストマスターズの、特に英語スピーチの場合は、世界選手権出場という道が開けていますが、それはあくまでも内なるトーストマスターズの世界での話です。トーストマスターズは人の話を聞く心構えが出来ている人の集まりなので、トーストマスターズ以外の場所で自分のスピーチがどれだけ通用するのか、どれだけ人の心を捉えることができるのか、を見極めることは難しい部分もあります。人前で話すことに自信が付いてきたら、清水の舞台から飛び降りる気持ちで、自分の話術の腕試しをしたいと思うこともあるでしょう。

トーストマスターズでは、「スピーカーズ・ビューロー(Speakers Bureau)」という外部派遣制度のガイドラインを設けています。「ビューロー」には「案内所」という意味がありますので、差し詰め「スピーカー紹介所」という所ですね。何かのイベントで外部から講演者を呼びたい、または自分が外部のイベントでスピーチをしたい、という時の斡旋の手助けをするのが目的の部会で、通常は経験のあるトーストマスターの方が世話役を務めています。私も数年前に、日本支部のガバナーを務められた方が世話役をされているスピーカーズ・ビューローに誘われて、登録させて頂いたことがあります。と言っても名も無き市井のスピーカーに早々講演の依頼が来るわけもないのですが、トーストマスターズの活動を通じて交流が広がるに連れて、少なからず外部でのスピーチに招かれる機会を持つことができました。

先日のラジオ出演もその一つですが、そのラジオ出演の前日に実はもう一つ別の機会がありました。それは埼玉県のとある高校で毎年行われている、社会人講師を招いて「私の生き方」などのテーマで講演をするという企画です。この企画は今年で9年目となりましたが、私は幸運なことにその初年度から通算5回の講演をさせて頂きました。
| スピーチ | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:46 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tmoe.jugem.jp/trackback/21
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH