<< メンター〜信頼できる相談相手になる | main | できるリーダーシップ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
拍手と握手
拍手と握手はトーストマスターズには欠かせない要素です。

先日、とある学校の式典に参加した時のことですが、校長先生を始め学校職員の方々が挨拶やスピーチをされても誰一人として拍手をしなかったのです。拍手が上がったのは、唯一ある生徒さんが壇上に上って挨拶をした時のみでした。職員の方々が挨拶をするのは当然ということなのでしょうか。

トーストマスターズの例会では拍手が絶えません。例えば、まず会長が開会の挨拶をした時に最初の拍手が湧き起こります。続いて誰かが報告をすればまた拍手。ゲストが紹介されるとまた拍手。司会者が紹介されるとまた拍手。スピーチの始まりと終わりでまた拍手。表彰で拍手。そして閉会で締めの拍手。1時間ないし2時間の例会の中でこれだけ拍手の続く集まりというのもちょっと珍しいかも知れません。拍手は相手を賞賛する時に行なうものですが、その相手を賞賛する場面がトーストマスターズには溢れています。

次に握手。トーストマスターズの例会では握手も途切れることなく行なわれます。会長が司会者を紹介した時に演台で交わされる握手。司会者がスピーカーを紹介した時に交わされる握手。表彰の時に表彰された方が司会者と交わす握手。もちろん開会や閉会の時に挨拶として交わされる握手もあります。握手はあなたを迎え入れますよ、あなたに敵意はありませんよ、というサインが込められた友好の証です。トーストマスターズは人を迎え入れる雰囲気にも満ち溢れています。それゆえ私たちはくつろいでスピーチができるのでしょう。

普段トーストマスターズの例会で慣れてしまっているからか、拍手や握手のない集会に参加すると何だか居心地が悪くて奇妙な雰囲気に包まれます。相手に対して友好的な態度で接し、賞賛の気持ちを表す。この何気ないマナーもまたトーストマスターズで得られる学びの一つです。
| コミュニケーション | 12:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:56 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tmoe.jugem.jp/trackback/16
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH