<< 自分の声を分析する | main | 即興で話すということ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「えーと」、「あのー」が気になりだしたら
普段の会話の中で発せられる「えーと」、「あのー」、「まあ」といった言葉が気になりますか。

トーストマスターズの例会の役割の中の1つに「えーとカウンター」(英語では Ah Counter)があります。これはスピーチや論評で発言した人が発する「えーと」、「あのー」、「まあ」といった発言には直接関係のない、無駄な言葉、不要と思われる雑音を数える係です。これらの言葉の他に、役に当たった人が不要と感じた言葉や音を数える場合もあります。その人特有の口癖、話癖などもありますね。クラブによっては罰金制を敷き、えーと1回につき10円を集める場合もあります。別に会費の足しにしよう、といったことではなく、ゲーム感覚でえーとなどの不要な言葉に対する意識を高めようというわけです。

人によってはスピーチの中に「えーと」が含まれていた方が日本語らしい、と言われる方もいらっしゃるようですが、回数が多いとそれなりに気になってきます。トーストマスターズに入って真っ先に意識付けられたのがこの「えーと」に対する感覚で、例えばニュース番組でアナウンサーが「えーと」と言った数を無意識に数えていたりします。「えーと」、「あのー」が気になりだしたら、あなたも立派なトーストマスターです。

私の場合「えーと」はあまり言わない方ですが、「まあ」の回数が多いですね。「まあ」と言う代わりに間を置きなさい、とよく言われます。先日のラジオ番組でも「まあ」が耳に付きました。10回以上は言っていると思います。予め準備して発表するスピーチでは、トーストマスターズでの学習の成果でしょうか、ほとんど「まあ」ということはなくなりましたが、ラジオの場合、収録とはいえ事前の準備がほとんどない即興のトークショーでしたので、短い時間でパーソナリティーの問いかけにうまく答えようとするあまり、発言のつなぎの部分で「まあ」が出てしまいました。トーストマスターズには即興での質問に答える力を養うテーブルトピックスというプログラムがあり、毎回の例会でも行なわれていますが、学んだ技術があまり生かされませんでした。

日頃の学習の成果を生かすためにも、もっと場数を踏む必要がありますね。


| スピーチ | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:00 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tmoe.jugem.jp/trackback/11
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH